不用品買取のリサイクル買取 家具家電・厨房機器・オフィス家具買取は、リサイクル・キング買取センターへ

【PR】業者向け「リサイクルオークション東京」毎週木曜開催! 法人のお客様はこちら 会社概要
リサイクル買取・家具家電・厨房機器・オフィス家具の不用品買取ネットワークのリサイクルキング
リサイクル買取の全国ネットワークの当社から最新の情報を随時お届け致します! リサイクル・キングをお気に入りに登録
急な引越しで不用品をどうしようかお困りでは、ありませんか、リサイクルショップ買取ならリサイクルキングにおまかせください。当日の急なご依頼も、可能な限り対応させて頂きます。まずは、お気軽にお問い合わせください。 突然の出費で、どうしても不用品を売って現金を作りたいなど、リサイクルショップ買取のリサイクルキングでは、査定金額にご納得頂けましたら、その場で現金でお支払い! 積極的に高価買取いたします。 家具,家電,厨房機器,オフィス家具などの売れ筋商品のリサイクルでしたら一品でも出張買取致します。不用品買取希望のお品が一品からでも、出張買取にお伺いいたします。まずは電話でご確認ください。 取り外しはどうしよう、分解はどうしよう、搬出はどうしようなどリサイクルキングにお任せください。当社スタッフが、搬出取り外しすべての作業を迅速に行います。お客様は何もしなくてOK!安心してお任せください。
リサイクルキング加盟店のご案内
トップページ > 加盟店のご案内
ホームページはこちら
ハーマンミラー|アーロンチェア買取 リサイクルキング
エリア 東京
住所 東京都・千葉・群馬・茨城・埼玉・神奈川・静岡・愛知・岐阜 ・京都・滋賀・奈良・大阪・兵庫
TEL 0120-391-941 
FAX  
営業時間 9:0〜19:0 
取扱商品 ハーマンミイラーのチェア&ソファ:Aeron Chairs (アーロンチェア)、Mirra Chairs(ミラチェア)、Celle Chairs(セラチェア) 、Caper Chairs 、Foray Chairs、Eames(イームズ) Soft Pad and Aluminum Group Chairs、Eames(イームズ) Executive Chairs 、Eames(イームズ) Lounge Chair and Ottoman 、Eames(イームズ) Sofa、Equa2 Chairs 、Nelson Cube Group ハーマンミラーのオフィスシステム:AbakEnvironments™ 、Sense 、Resolve 、Ethospace ハーマンミラーのストレージ:A4N Series Storage ハーマンミラーのフリースタンディング・ファニチャー :Burdick Group Furniture、Eames Table、Nelson Desk、Nelson End Table、Nelson Cube Group Table ハーマンミラーのエグゼクティブファニチャー:Esplanade for Herman Miller ハーマンミラーのアクセサリー:Leaf Light ハーマンミラーのデザイナー チャールズ&レイ・イームズ Charies and Ray Eames 1946年、ハーマンミラーがデザイン・ディレクターのGeorge Nelsonの尽力により初めてCharlesおよびRay Eamesのデザインの可能性に気づいて以来、Eames とハーマンミラーの名前は同意語となり、技術革新とデザインの卓越性を表すようになりました。 ハーマンミラーはイームズ・ファニチャーを全て作っている唯一の米国のメーカーであり、Eames Officeのアイデアを実現できる製品ラインに変えていく役割を長年果たしてきました。製品の多くは今、ハーマンミラーから購入することができます。 Charles Eamesは1907年セントルイスに生まれ、ワシントン大学で2年間建築の勉強をした後、セントルイスで建築業務を始めました。6年後Eliel Sarrinenは Eamesに協力を申し出、ミシガンのクランブルック芸術アカデミー(Cranbrook Academy of Art)に実験デザイン学部を作るにあたり、その教師のポストも提供しました。 当時クランブルックに関係していた人達の中には、Florence Knoll、Harry Bertoia、Ed Bacon、Harry Weese、Ralph RapsonおよびEero Saarinenがいます。 EamesとSaarinenによってこの時期に開発されたモダンファニチャーデザインは、 ニューヨーク近代美術館が行った1940年オーガニック家具コンテストで特賞を2つも取りました。しかしそのデザインは、次の理由により生産には至りませんでした。1)成形合板を複雑な曲線にかたどったり、木材を金属やゴムに貼り付けるなど、未完成の工程が含まれていた 2)戦争が差し迫っていた 1941年、Charlesは Cranbrookの同級生で近代美術館のコンテストのプレゼンテーション開発アシスタントであったRay Kaiserと結婚しました。米国抽象芸術家(American Abstract Artists)の創立メンバーであるRayは、Hans Hoffmanのもとで絵の勉強をしていました。RayとCharles Eamesはカリフォルニアに転居し、成形合板をかたどる実際的な方法の研究を始めました。彼らは、成形合板技術の研究で、ついに独立した研究所を作ったのです。この研究所は戦争中、かたどった成形合板で、添え木,担架、実験的にグライダーの骨組みを作るという使命を受けました。 Eames夫妻は、自分達で最初にかたどった成形合板家具デザインを Evans Products Companyで生産する手配をしましたが、同社はそれをマス・マーケットに乗せる能力がありませんでした。ハーマンミラーはそのデザインを評価し1946年、販売権を購入し、1949年には完全にその製造を引き継いだのです。 ジョージ・ネルソン George Nelson 建築家、グラフィック・デザイナー、著者、教師、インテリア・プランナー、そして産業デザイナーであるGeorge Nelsonは、1945年に初めてハーマンミラーと知り合いました。会社の全ての面で彼が与えた影響は大きいものがあります。 エール大学(1928年卒、文学士)とエール芸術大学(Yale School of Fine Art)(1931年卒、芸術学修士)を卒業したNelsonは1932年、建築分野においてローマ賞を受賞し、イタリアのローマ・アメリカン・アカデミー(American Academy)で建築の研究を続けました。米国に戻ってからは、Nelsonは準編集者として建築フォーラムの編集スタッフとなり、8年後の1943年には共同経営編集者となりました。そして1944年、フォーラムのコンサルタントを続けている時、タイム社のフォーチュン・フォーラム実験部の長として迎えられました。この時期にGeorge Nelsonはハーマンミラーにはじめて注目されるようになったのです。 ハーマンミラーではじめて長期にわたりデザイナーを務めたGilbert Rohdeは、会社にデザイン面でのいろいろな指示を残すことなく、1944年突然亡くなりました。会社の創設者であるD.J.DePreeと彼のスタッフは、Henry Wrightと共同でデザインした収納壁に関して記した『建築フォーラム』の彼の記事を読み、Nelsonに注目しました。かくしてNelsonはハーマンミラーの最初のデザイン・ディレクターとなりました。清潔で、建築関係のバックグラウンドを思わせる「直線」にデザインの特徴があるNelsonは、ハーマンミラーの仕事に携わった数年間に、居住用および商用家具の市場に非常に革新的な家具デザインを多数もたらしました。こうしたデザインの幾つかは今もハーマンミラーにあります。 Nelsonデザインのハーマンミラーでの最初の製品は一連のケース製品で、1946年に導入されると、建築家やデザイナーの間で直ちに受け入れられました。彼のデザインで最も良く知られているのは、今日ハーマンミラー・フォー・ザ・ホームで売られているスリング・ソファでしょう。 Nelsonの製品はことごとく市場で成功を収めましたが、彼が最もハーマンミラーに貢献したのは5つの短い理念に統合した彼の会社哲学でしょう。 ドン・チャドウィック Don Chadwick Don Chadwickは、「自分のスタジオは心の中にある」というタイプのデザイナーではありません。Chadwickの本当のスタジオはサンタモニカにあり、むしろ「実験室」と呼ぶ方を好むようです。 彼は「我々は汗をかいて、いちかばちかやってみるよう訓練されています」と語っています。彼の実験器具には、のこぎり、グラインダ、旋盤、ドリル・プレス、万力などがありますが、コンピュータ、数値制御のものは何もありません。Chadwickが認めるように、コンピュータ技術は一部のものに関してはすばらしい働きをするかもしれません。しかし、新しい椅子に関して「コンピュータでも同じように効率的にデザインできたのでは?」と指摘されることがあれば、彼は丁重にこう答えるでしょう。 「ご冗談でしょう!」 Chadwickは語っています。「椅子の座りごこちが良いと確信するには、実際に座って調節をする以外に方法はありません。コンピュータでは椅子のデザインの細かいところまで手が届きません。良い椅子とは非常に複雑なものです」と。 非常に複雑? そうです。そして椅子のデザインはコンピュータにはあまり向かないのです。「たいていの工業デザイナーは、家具のデザインを重要視していません。その種のディテールにこだわるような訓練は受けていません。この仕事は非常に個人的で手術のようなものです。さらに、この仕事が好きでなければなりません」 Chadwickの家具デザインに対する愛情が生まれたのは子供の頃で、キャビネット・メーカーである祖父が商売道具、即ち技術や正確さ、忍耐を必要とする手道具の使い方を教えたのです。その後1950年代半ば、UCLAの工業デザイン科の他の生徒達とは異なり、彼は家具に注意を向けていきました。そしてCharles Eamesの講義を聞いた後、Chadwickはデザイナーは工業デザイナーでも、家具の分野では新しい革新的な方法と材料を使うことによって、人びとの暮らしに「本当の違い」を生み出すチャンスがあると確信したのです。彼は、この楽観主義の幾分かが、南カリフォルニアに暮らして経験した「LA特有の向こう見ず」の影響だとしています。「そこでは失敗を恐れることはあまりなく、人々はリスクを負います。発明のためには豊かな土壌なのです」 Chadwickはこれまで、20年以上もこの「向こう見ず」をパートナにしてきました。「ハーマンミラーは新しい考えに対して冒険することを恐れません。それがこの会社の長年成功している秘訣であり、この会社のために働くのが、なぜやりがいがあるのかという1つの理由でもあります」 サンタモニカとジーランドの関係は続き、その実験室ではベルト・サンダーやパワー・ソーの音が渦巻いています。結局これが本当のデザイン・スタジオの姿なのです。 オフィス/スタジオ Don Chadwick & Associates カリフォルニア州 サンタモニカ ビル・スタンフ Bill Stumpf Bill Stumpfに質問をし、シートベルトを締めてみてください。恐らく彼は、あなたを世界一周の旅に誘ってくれるでしょう。あちこち着陸し、あれこれと説明をし、いつこの旅が始まり、いつさまよって、終りがあるのであれば、いつ終わるのか、すっかり忘れさせてくれるでしょう。 Stumpfは、そんな偶発的なやり方で成功を収めています。彼は自分のはっきりとした行き先を知らないのが好きです。直感を信じています。「デザインはジャズのようでなければならない。改善し発見し、人生の喜びや苦しみをブレンドして、何かすばらしいものに作り上げる」と彼は語っています。 しかし周囲を見回すと、「人間の精神を否定する」ようなデザイン、人ではなくお金に取り入る建築、「人工的なスペースに密閉する」オフィスが、あまりにもたくさんあります。彼は常にそのような侮辱的なデザインと闘い、そのために20年以上もハーマンミラーとの協力関係を続けています。 Stumpfの闘いは、実際には1960年代に始まりました。「全てはあのウイスコンシン大学時代に戻ります」。大学の環境デザイン・センターで研究をし、また教えていた助手時代に触れながらこう述べています。「全て束縛を取り払うようなデザインをして、体を解放することについてでした」。整形外科や血管系医学の専門家たちと研究をし、人々の座り方、そしていかに座るべきかをStumpfが広く研究したのはそこでした。1974年、ハーマンミラーは彼にその研究をオフィス・シーティングに適用する仕事を任命しました。そして2年後、エルゴノミクスチェアの先駆けであるアーゴンチェアが導入されました。 「私は崖淵に立ったとき、自分の鼻っ柱を折られそうになったとき、そして再び無垢になれたとき一番働けます。ハーマンミラーは、私をそんな風に追い詰める方法を知っています。D.J.DePreeが最初に私に話してから何年も経ちますが、この会社は今だに『グッドデザインは単なる儲かるビジネスではなく、グッドデザインはモラル上の義務である』ということを信じているからです。これはプレッシャーです」 Stumpfは自分でも、自分の追い詰め方を知っています。彼は生きている間中続けたいと思っている、ある探求を始めました。世界の古典文学、シェークスピアやメルビルから日本の小説家まで、「読んでおくべきだったすべての本」を読むことです。 子供のような好奇心で、Bill Stumpfは広い範囲にわたる旅を続けています。そしてもしあなたに時間があるならば、そして心を開けるなら、彼が発見したことを喜んであなたと分かちあってくれるでしょう。  
サービス  
コメント ハーマンミラーの買取のことならリサイクルキングへ 東東京買取センター 江東区、江戸川区、中央区、千代田区、港区、墨田区・ 北東京買取センター 板橋区、北区、足立区、葛飾区、荒川区、台東区・ 西東京買取センター 新宿区、中野区、杉並区、練馬区、豊島区、文京区 ・ 南東京買取センター 品川区、渋谷区、目黒区、世田谷区、大田区 ・ 東京都下東買取センター 清瀬市、東久留米市、西東京市、三鷹市、調布市、武蔵野市、狛江市、東村山市、小平市、小金井市、稲城市、東大和市、国分寺市、国立市、府中市、武蔵村山市、立川市、昭島市、福生市、羽村市、青梅市、あきる野市、瑞穂町、日の出町 ・ 東京都下西買取センター 日野市、多摩市、町田市、八王子市 ・ 横浜買取センター 横浜市全域 ・ 神奈川南買取センター 横須賀市、三浦市、逗子市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、葉山町、寒川町 ・ 神奈川北買取センター 相模原市、大和市、座間市、綾瀬市、海老名市、厚木市、伊勢原市、平塚市 ・ 川崎買取センター 川崎市全域 ・ 埼玉東買取センター さいたま市、富士見市、志木市、新座市、朝霞市、戸田市、和光市、蕨市、川口市、鳩ヶ谷市、春日部市、越谷市、草加市、吉川市、三郷市、八潮市、松伏町 ・ 埼玉西買取センター 川越市、ふじみ野市、所沢市、坂戸市、鶴ヶ島市、狭山市、入間市、日高市、飯能市、三芳町 ・ 埼玉北買取センター 熊谷市、行田市、秩父市、加須市、本庄市、東松山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、桶川市、久喜市、北本市、蓮田市、幸手市、北足立郡、入間郡、比企郡、秩父郡、児玉郡、大里郡、北埼玉郡、南埼玉郡、北葛飾郡・ 千葉北買取センター 野田市、流山市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、我孫子市、白井市、印西市、成田市、佐原市、栄町、本埜村、印旛村、酒々井町、下総町、神崎町、大栄町 ・ 千葉南買取センター 市川市、浦安市、船橋市、習志野市、八千代市、千葉市、佐倉市、市原市、八街市、富里市、東金市、茂原市、山武町、横芝町、松尾町、成東町、蓮沼村、九十九里町、大網白里町、白子町、長柄町、長南町・ 茨城買取センター 茨城全域・ 群馬買取センター 群馬全域 ・ 静岡買取センター 御殿場市、裾野市、三島市、熱海市、伊豆の国市、伊東市、伊豆市、沼津市、下田市、富士市、富士宮市、小山町、函南町、長泉町、清水町、東伊豆町、河津町、西伊豆町、松崎町、南伊豆町・ 名古屋買取センター 愛知県、豊田市、尾張旭市、瀬戸市、春日井市、岐阜県、羽島市・瑞穂市・岐阜市・各務原市・関市・可児市・多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市・ 大阪市東北部買取センター 東淀川区、北区、中央区、天王寺区、都島区、旭区、城東区、鶴見区、東成区、生野区 ・ 大阪市西南部買取センター 淀川区、西淀川区、福島区、此花区、西区、港区、浪速区、大正区、西成区、阿倍野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区・ 大阪府東北部買取センター 吹田市、茨木市、枚方市、高槻市、島本町、豊能町、摂津市、寝屋川市、交野市、守口市、門真市、四條畷市、 大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、藤井寺市、羽曳野市、太子町、富田林市、河南町、千早赤阪村 河内長野市 ・ 大阪府西南部買取センター 池田市、箕面市、豊中市、能勢町、松原市、大阪狭山市、堺市、高石市、泉大津市、忠岡町、和泉市、貝塚市、 岸和田市、泉佐野市、熊取町、田尻町、泉南市、阪南市、岬町 ・ 京都・滋賀買取センター 京都府、滋賀県、大津市全域・草津市・栗東市・守山市・野洲市・湖南市、奈良、奈良市全域・生駒市・大和郡山市・天理市・ 神戸・阪神買取センター 兵庫県の一部 神戸市内全域、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、宝塚市、川西市 ・ 姫路・高砂買取センター 兵庫県の一部 姫路市、加古川市、明石市、高砂市、加古郡、三木市、小野市、加西市 ・  
【イメージ画像】

業者用商品情報の告知の入力画面

ブログ紹介関連リンクご紹介サイト相互リンクと広告掲載についてサイトポリシープライバシーポリシーサイトマップ
© 2006 All Rights Reserved Powered by Imove Inc

業者向けリサイクルオークション東京