不用品買取のリサイクル買取 家具家電・厨房機器・オフィス家具買取は、リサイクル・キング買取センターへ

【PR】業者向け「リサイクルオークション東京」毎週木曜開催! 法人のお客様はこちら 会社概要
リサイクル買取・家具家電・厨房機器・オフィス家具の不用品買取ネットワークのリサイクルキング
リサイクル買取の全国ネットワークの当社から最新の情報を随時お届け致します! リサイクル・キングをお気に入りに登録
急な引越しで不用品をどうしようかお困りでは、ありませんか、リサイクルショップ買取ならリサイクルキングにおまかせください。当日の急なご依頼も、可能な限り対応させて頂きます。まずは、お気軽にお問い合わせください。 突然の出費で、どうしても不用品を売って現金を作りたいなど、リサイクルショップ買取のリサイクルキングでは、査定金額にご納得頂けましたら、その場で現金でお支払い! 積極的に高価買取いたします。 家具,家電,厨房機器,オフィス家具などの売れ筋商品のリサイクルでしたら一品でも出張買取致します。不用品買取希望のお品が一品からでも、出張買取にお伺いいたします。まずは電話でご確認ください。 取り外しはどうしよう、分解はどうしよう、搬出はどうしようなどリサイクルキングにお任せください。当社スタッフが、搬出取り外しすべての作業を迅速に行います。お客様は何もしなくてOK!安心してお任せください。
リサイクルキング加盟店のご案内
トップページ > 加盟店のご案内
ホームページはこちら
フリッツ・ハンセンのデザイナーズ家具買取のことはリサイクルキングへ
エリア 東京
住所 東京都・千葉・埼玉・神奈川・群馬・茨城・静岡 ・愛知・岐阜・京都・奈良・滋賀・大阪・兵庫
TEL 0120-391-941 
FAX  
営業時間 9:0〜19:0 
取扱商品 フリッツ・ハンセン代表作 ○アリンコチェア :1959年に発表されたアルネ・ヤコブセンの代表作です。 絞った腰のラインと細長い脚がアリを連想させるところからアリンコ(蟻)の愛称で世界的に親しまれています。1984年に査定評価がもっとも厳しいIDクラシック賞を受賞。 座面、背面を一枚の三次元形成合板で作られた世界で初めての椅子です。また、デンマークで積み重ねることが可能な「スタッキング」機能を初めて付けたのもこの椅子です。 ○セブンチェア:1955年にアリンコ(蟻)チェアのバリエーションとして発表されたアルネ・ヤコブセンの代表作です。 座面は薄い7枚の板と2枚の仕上げ板を合同加工すると同時に椅子の形に形成するという高度な技術が、手入れが簡単で、軽くて扱いやすく耐久性に優れたチェアを産み出しました。 アリンコチェア同様に、積み重ねることが可能な「スタッキング」機能が付いていますので、使わない時などは簡単に片づけられ便利です。 ○カフェチェア:屋外のレストランやカフェテラス、バルコニーなどのアウトドア用として開発された椅子です。堅牢なスタイルは余分なメンテナンスを必要としません。 ○ヴィコチェア:イタリアの設計家ヴィコ・マジストレッティが、フリッツ・ハンセン社のためにデザインしたシリーズです。生き生きしたオーガニックなデザインが特徴です。 アリンコチェア同様に、積み重ねることが可能な「スタッキング」機能が付いていますので、使わない時などは簡単に片づけられ便利です。 ○ヴィコデュオチェア:イタリアの設計家ヴィコ・マジストレッティが、1996年に発表して以来、ヨーロッパ中で愛されているシリーズです。 特に耐久性、使いやすさ、手入れの簡単さが特徴で、取り外して、洗濯のできるスリップカバー付きのものもあります。 ○ヴィコソロチェア:イタリアの設計家ヴィコ・マジストレッティが、フリッツ・ハンセン社のためにデザインした第3のシリーズです。ヴィコシリーズに共通する生き生きしたオーガニックなデザインが特徴です。 ○エッグチェア:コペンハーゲンSASロイヤルホテルの設計に際して、1958年にデザインされました。発砲ウレタンを加工した画期的な手法と独特のフォルム。 カラダをすっぽり包み込む、卵を思わせるその形状からエッグと名付けられたユニークな作品です。質量感あふれるスタイルはエグゼクティブなムードを漂わせます。 ○スワンチェア:エッグチェア同様、コペンハーゲンSASロイヤルホテルの設計に際してデザインされたものです。 第2回国際家具コンペにおいてみごと入賞をはたしました。白鳥をイメージさせるフォルムから名付けられたスワンは、北欧デザインを代表する作品のひとつです。 ○PKチェアシリーズ:PKシリーズはデンマークのインテリア デザイナー、ポール・ケアホルムの作品群です。 スチール、アルミや自然素材を組み合わせ、軽快で無駄のないフォルムと機能美を極めています。 フリッツ・ハンセンのデザイナー ○アルネ・ヤコブセン:1902年、デンマーク コペンハーゲンで生まれる。1927年デンマーク王立芸術学校卒。1930年までの3年間ポール・ホルソーの建築事務所で働く。20世紀モダニズムを代表する建築家、ル・コルビジェ、ルードヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエらの影響を受ける。 1950年デンマークの家具メーカー「Fritz Hansen(フリッツハンセン社)」と仕事を始める。そこでプライウッドを使用した名作、「The Ant(アント チェア)」を誕生させる。プライウッドチェアの制作において、チャールズ&レイ・イームズの「LCW」「LCM」等に影響を受けたが、成形時最も力を受ける背の一部の削除という形で、イームズが成し得なかった背と座の3次元一体成形を成功させる。 3年後、技術の進歩により「Series 7(セブン チェア)」が生まれる。 その後も、自身が設計したコペンハーゲンのSASロイヤルホテルのためにデザインした 「The Egg(エッグ)」「The Swan(スワン)」など、デイニッシュ・デザインを世界的に広める事となる作品を送り出した。 また、SASロイヤルホテルやデンマーク銀行など数々の建築プロジェクトを通してデンマークを代表する照明メーカー「Louis Poulsen(ルイス・ポールセン)社」と密接な協力関係を築く。これらのプロジェクトのために特注制作されたAJロイヤル、AJディスカス、ムケンゴーといった照明器具は、今もなおルイス・ポールセン社のスタンダードアイテムとして美しいモダンデザインの魅力を放っている。 その活躍は国内にとどまらず、受賞歴も欧米各国に渡り、英国王立建築家協会、アメリカ建築協会などの会員でもあり、 また、出身校であるデンマーク・コペンハーゲン王立芸術学校をはじめ、オックスフォードなどの教鞭も取った ○ポール・ケアホルム:1929年 コペンハーゲンで生まれる。彼のデザイナーとしての足跡は、若いときからその才能を発揮し、鬼才といわれた。 1952年 フリッツ・ハンセン社に入社、1953年 フリッツハンセン社を退社。1953年〜1955年は Professor Erik Herlow のもとで働き、1955年〜1959年には Professor Palle Suenson のもとで働く。初期のプロトタイプを含めた実験的な試みはフリッツハンセン社によってなされたが、その後1955年以降はE.コルド・クリステンセン社との協力で数々の名作が生み出された。 1955年〜76年、School of Arts Crafts, and Design 家具デザイン科の教授として教鞭を執る。また、Royal Danish Academy of Fine Arts (王立芸術大学) 家具デザイン科講師として同様に教鞭を執る。1976年には教授に就任するが、教官となって以来20数年間多くの学生達を熱心に厳しく指導したという。日本人で彼に師事した人も実際に数人いた。 1960年 第12回ミラノトリエンナーレにおけるデンマークパビリオンのデザインで絶賛を浴びる。1973年にはデンマーク・デザイン協会会長に就任。1980年4月18日死去。1982年 生涯の殆どの家具デザインをフリッツ・ハンセン社によって商品化される。 ポール・ケアホルムは生涯に多くの賞を受賞。1957、60年 ミラノトリエナーレ・グランプリ、1957年 デンマーク工芸家協会年度賞、1958年 ルニング賞(北欧において工芸・デザインの最も権威ある賞)、1960年 エッカーズベアー賞、1972、78年 デンマーク家具工業組合年度賞、1973年 デンマーク・インダストリアルデザイン賞、1977年 デンマーク家具工業組合家具賞。 ポール・ケアホルムのデザインは、それまでの世代のデザイナーの殆どが木を素材としてデーニッシュデザインを確立してきたのに反して、スチールを素材として用い、繊細で鋭いディテールの処理と厳格なプロポーションと線の処理は他のデザイナーの追随を許さない。 彼の作品は素材・構成・形態・色彩とどの部分をとっても、徹底して選択され、厳密に処理された確かさを持ち、必要最小限に削ぎ落とされた静謐な物として完成している。 特に構造では片持ち梁構造やテンション構造を家具の中に持ち込み、今まで見られなかった家具の形態と構造をデザインしてみせた。彼の作品の特徴は、知性的で気高く、時代を超えた新鮮さを伴って美しい芸術作品の領域に達するもので、世界中の美術館で収蔵されていることからもその価値が実証される。  
サービス  
コメント フリッツ・ハンセン買取のことならリサイクルキングへ 東東京買取センター 江東区、江戸川区、中央区、千代田区、港区、墨田区・ 北東京買取センター 板橋区、北区、足立区、葛飾区、荒川区、台東区・ 西東京買取センター 新宿区、中野区、杉並区、練馬区、豊島区、文京区 ・ 南東京買取センター 品川区、渋谷区、目黒区、世田谷区、大田区 ・ 東京都下東買取センター 清瀬市、東久留米市、西東京市、三鷹市、調布市、武蔵野市、狛江市、東村山市、小平市、小金井市、稲城市、東大和市、国分寺市、国立市、府中市、武蔵村山市、立川市、昭島市、福生市、羽村市、青梅市、あきる野市、瑞穂町、日の出町 ・ 東京都下西買取センター 日野市、多摩市、町田市、八王子市 ・ 横浜買取センター 横浜市全域 ・ 神奈川南買取センター 横須賀市、三浦市、逗子市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、葉山町、寒川町 ・ 神奈川北買取センター 相模原市、大和市、座間市、綾瀬市、海老名市、厚木市、伊勢原市、平塚市 ・ 川崎買取センター 川崎市全域 ・ 埼玉東買取センター さいたま市、富士見市、志木市、新座市、朝霞市、戸田市、和光市、蕨市、川口市、鳩ヶ谷市、春日部市、越谷市、草加市、吉川市、三郷市、八潮市、松伏町 ・ 埼玉西買取センター 川越市、ふじみ野市、所沢市、坂戸市、鶴ヶ島市、狭山市、入間市、日高市、飯能市、三芳町 ・ 埼玉北買取センター 熊谷市、行田市、秩父市、加須市、本庄市、東松山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、桶川市、久喜市、北本市、蓮田市、幸手市、北足立郡、入間郡、比企郡、秩父郡、児玉郡、大里郡、北埼玉郡、南埼玉郡、北葛飾郡・ 千葉北買取センター 野田市、流山市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、我孫子市、白井市、印西市、成田市、佐原市、栄町、本埜村、印旛村、酒々井町、下総町、神崎町、大栄町 ・ 千葉南買取センター 市川市、浦安市、船橋市、習志野市、八千代市、千葉市、佐倉市、市原市、八街市、富里市、東金市、茂原市、山武町、横芝町、松尾町、成東町、蓮沼村、九十九里町、大網白里町、白子町、長柄町、長南町・ 茨城買取センター 茨城全域・ 群馬買取センター 群馬全域 ・ 静岡買取センター 御殿場市、裾野市、三島市、熱海市、伊豆の国市、伊東市、伊豆市、沼津市、下田市、富士市、富士宮市、小山町、函南町、長泉町、清水町、東伊豆町、河津町、西伊豆町、松崎町、南伊豆町・ 名古屋買取センター 愛知県、豊田市、尾張旭市、瀬戸市、春日井市、岐阜県、羽島市・瑞穂市・岐阜市・各務原市・関市・可児市・多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市・ 大阪市東北部買取センター 東淀川区、北区、中央区、天王寺区、都島区、旭区、城東区、鶴見区、東成区、生野区 ・ 大阪市西南部買取センター 淀川区、西淀川区、福島区、此花区、西区、港区、浪速区、大正区、西成区、阿倍野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区・ 大阪府東北部買取センター 吹田市、茨木市、枚方市、高槻市、島本町、豊能町、摂津市、寝屋川市、交野市、守口市、門真市、四條畷市、 大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、藤井寺市、羽曳野市、太子町、富田林市、河南町、千早赤阪村 河内長野市 ・ 大阪府西南部買取センター 池田市、箕面市、豊中市、能勢町、松原市、大阪狭山市、堺市、高石市、泉大津市、忠岡町、和泉市、貝塚市、 岸和田市、泉佐野市、熊取町、田尻町、泉南市、阪南市、岬町 ・ 京都・滋賀買取センター 京都府、滋賀県、大津市全域・草津市・栗東市・守山市・野洲市・湖南市、奈良、奈良市全域・生駒市・大和郡山市・天理市・ 神戸・阪神買取センター 兵庫県の一部 神戸市内全域、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、宝塚市、川西市 ・ 姫路・高砂買取センター 兵庫県の一部 姫路市、加古川市、明石市、高砂市、加古郡、三木市、小野市、加西市 ・  
【イメージ画像】

業者用商品情報の告知の入力画面

ブログ紹介関連リンクご紹介サイト相互リンクと広告掲載についてサイトポリシープライバシーポリシーサイトマップ
© 2006 All Rights Reserved Powered by Imove Inc

業者向けリサイクルオークション東京